女性のあこがれだった、安室奈美恵さんの紅白出場に思う

安室奈美恵という人は、1つのシンボルだった。
14歳でデビューをし、1990年代には『アムラー』現象を引き起こし、2000年には沖縄サミットのテーマソングに選ばれ、そして今も第一線を走り続けている。
その姿は、世の女性達の希望であり、憧れであり、そして時には力強いエールともなったはずだ。

こうした中、彼女は来年9月に引退を決めた。
その理由は具体的には明かされていないが、今年で40歳を迎え、最高のパフォーマンスができる今のうちに引退をしようと思ったのかなと私自身は考えた。
メディアには全く露出をせず、MCなしのぶっ通しで2時間のライブ、子供を産んでもなお抜群のプロポーションと圧倒的なダンスと歌の技術を保ち続けていくのは並大抵の努力でできるものではないだろう。
紅白歌合戦では20分に及ぶ特別ステージが設けられるとのことだが、これまで走り続けてきた集大成のひとつとして、彼女が楽しみながら歌える場であってほしいと切に願っている。銀行借り換えキャッシング

冬に髪を切るということは、より冬を感じられるということ

最近めっきり寒くなってきました。寒い時期は髪を切るのが億劫になるのですが、仕事上、髪を伸ばす訳にはいかないので、今日の休みに髪を切りに行きました。髪を切りに行った際、注文するのが非常に面倒です。最近は「全体的に2センチ切って」で統一しております。あとはカットする人の腕に任せております。細かい点を言えば色んな注文が無くは無いですが、面倒くさがりの性格の為、全てお任せしてしまいます。カットする側からすれば非常に楽な客とのことです。髪を切ったことで、スッキリしましたがやはり頭が寒くなりました。帽子の購入を検討する今日この頃です。帽子をオシャレとしてではなく、防寒具として利用する様になると、歳をとったなあ、と感じます。散髪という一時的な面倒をクリアすれば、頭を洗う際の面倒さが少し軽減されるので、最終的にはプラスではないかなあ、と感じます。ポジティブに物事を考えるようにすれば色んなことが楽に感じられるのに。ベルタ育毛剤 最安値