冬に髪を切るということは、より冬を感じられるということ

最近めっきり寒くなってきました。寒い時期は髪を切るのが億劫になるのですが、仕事上、髪を伸ばす訳にはいかないので、今日の休みに髪を切りに行きました。髪を切りに行った際、注文するのが非常に面倒です。最近は「全体的に2センチ切って」で統一しております。あとはカットする人の腕に任せております。細かい点を言えば色んな注文が無くは無いですが、面倒くさがりの性格の為、全てお任せしてしまいます。カットする側からすれば非常に楽な客とのことです。髪を切ったことで、スッキリしましたがやはり頭が寒くなりました。帽子の購入を検討する今日この頃です。帽子をオシャレとしてではなく、防寒具として利用する様になると、歳をとったなあ、と感じます。散髪という一時的な面倒をクリアすれば、頭を洗う際の面倒さが少し軽減されるので、最終的にはプラスではないかなあ、と感じます。ポジティブに物事を考えるようにすれば色んなことが楽に感じられるのに。